2013年11月25日

サンライズ公認外伝・・・に思ふ


えっと・・・これから書く事はかなり良い内容ではありません。
僕と同じ風に思わない方が読んだらきっと気分を害される事でしょう。。。
そんな時はイライラする前に違うページに飛んで頂けたら嬉しく思いますm(__)m
読む場合はご注意下さいm(__)m



今月の模型誌を読みました^^
電撃であの『AOZ』企画が『リブート』するとか!?(゚o゚;
リブートって再起動って意味でしょうけども、その言葉の意味の中は『白紙からやり直す』って言う意味があるみたいです。
何かの設定を白紙にしちゃうんでしょうか?^^;;

それよりも『再起動』って言われても、ついこの間までやってましたよね?
『AOZ 2』が・・・。(題名すら覚えてないから便宜上2とします←失礼すぎる^^;)
リブートするにはちょっと早すぎる気が・・・(笑

でも・・・。
今回の第一報ではピンナップで藤岡さんのイラスト共に発表され、それを見るとやはり心は『(°0°)!?』となるわけですよ^^
それ位ガンプラモデラーなら(たぶん)『デザインに対しての興味』ってあると思うんですよね。

何の話かって?
それは・・・。。。
ここ最近、『公認外伝』が非常に『軽く』感じるのです・・・。
『本当に公式なのか?』と思うレベルで、、、です(^_^;A

元を正せば、前回の『AOZ 2』も薄々感じてはいたのですが、モデラーさんにデザインまで含めて『丸投げする』パターンが散見されているから、そう感じるんじゃないか?(確か白青のメタス辺りからかな〜?)と思うわけです。

『AOZ 2』に絞って話をすれば、デザイナーさんのデザイン自体の好き嫌いこそあったけれど、毎月発表される新デザインには興味津々でしたし、そのデザインを元に立体に起こすモデラーさんの力作は、そのデザインの解釈には非常に重要性の高い立体資料と思っていました。

好き、キライはあったとしても、ね^^;

それが、最近デザイナーさんがデザインを起こすのではなく、モデラーさんにコンセプトだけ伝えて好きに作って貰った(語弊があると思われますが、大枠ではそういう事なのでしょう?^^;)モノが公式設定・・・と言うような流れで作例だけが発表される事態になっていますよ・・・ね?

別にデザイン自体をモデラーさんがする事が悪いわけではないと思うんですよ。
デザイナーさんとモデラーさんとかって、この業界じゃ境界線がより曖昧な世界ですし・・・。
カッコイイ作品はカッコ良い!!と思いますし、作りたい、とも思いますよ。

ただ、現在『ガンダムブレイカー』やら『ビルドファイターズ』で『自分だけのオリジナル作品を作ろう』と言う風潮がある中で(むしろ推奨中・・・でしょ?)、公式扱いになるデザインをモデラーさんに丸投げしてしまうと、それらの作例(語弊があるけどプロモデラーの本気の遊び作例=ガンダムLOVEの作例)と公式扱いの作例の境目がありそうで無さそうで・・・。

『公式』として謳われて出てきた作例が、ガンブレでの『お楽しみ作例』と変わらない感覚で見れてしまう・・・と言う所に問題があると思うわけです。


現在の連載で言えば、新章に突入した『アストレイR』(HJ)。
個人的に好きなセイラマスオさんのカラミティ(先々月)とレイダー(今月)、先月の騎士グフ。
どれもカッコイイ作例です。
でも、正直『公式』には見えないんですよね。
ただページをめくって目が止まった段階ではあれらは『ガンダムブレイカー』の作例に見えるわけで・・・。
(各人の感性にもよるんでしょうけど、僕にはそう見える)
セイラマスオさんの作例に関しては『セイラマスオさんの作品』にしか見えない。
(モデラーとしては最高の褒め言葉だと思ってますが・・・ダメですか?^^;)
それを公式設定として採用するってのはいくら何でも・・・。ちょっと乱暴すぎやしませんか?と言う事です。

(忘れてたけどアストレイが怪獣に変形するヤツもどうかと思いましたね。あれ公式なんですか?良いの?アレで?^^;;;)

サンライズの仕事が『投げやりに見える』ところに問題があると思います^^;;;

その他ビルドファイターズの外伝に出てくるMSは、作品のコンセプト的にはそのやり方でも問題無いでしょう。
でも世界観を一層掘り下げ、隠し設定等に日の目を当てる役割を持つ『公式外伝』において、外伝の1番のウリ・目玉であるMSのデザインを(SEED,00においてはIWSPやセブンソード、ヘイズル等雑誌を象徴する看板MSになり得る存在)、そんなガンダムブレイカー的なデザインで推し進めて良いんですか?・・・と問いたい。
ガンダムSEEDの世界観壊してませんか?
Zの時代の正史に組み込めるような練りに練ったモノなんですか?

キチンとしたデザイナーさんに頼んで、キッチリと世界観を守り、更に企画の統一感を持たせ、既存の作品やらMSを見直したり、更に好きになるような魅力的なデザインを新しく作り上げて下さいよ。

『AOZ』だってホントはぶっちゃけ現代版の『センチネル』の様になりたかったんでしょう?(爆
『センチネル』の様な企画をもう一度作り上げるのは至難の業だとは思いますけど、少なくともセンチネルを作り上げた方達と同じくらい情熱と拘りが無ければ、いくらやったところでそれ以下のモノにしかならないし、外伝どころか本編すら魅力が褪せていくんじゃないか?と思うわけです。

『AOZ』がどれほどの企画になったかは人それぞれ感じ方が違うとは思いますけども、少なくとも僕は毎週設定画が出てくるのを楽しみにしていましたし、掲載される作例も楽しみにしていましたよ。
両誌共に掲載していた『00』の外伝も凄く面白かったですし、毎月新しいデザインを見るのが楽しみで仕方がなかった。

つい『AOZ』に絞って話をしがち^^;ですが、アストレイも一緒ですよ^^;

今の企画モノは正直言って、全く魅力を感じまられません(´・ω・`)←読む気にさせてくれないんだもん!

雑誌側の問題だと思いますが、『公式外伝』の謳い文句にちょっと頼りすぎなんじゃないでしょうかね?
企画が乱立しすぎなのではないですか?
デザイナーさんをつけないのは、経費対策なんでしょうか?(爆←いや、流石にそれはないと思いたい^^;
でなければ、企画が多すぎてデザイナーさん不足と言う事ではないでしょうか?
もうちょっと企画を深く煮詰めてから連載に踏み切っては如何でしょうか?

『本誌オリジナル』の謳い文句は大事に・・・、その雑誌を代表するブランドになるよう育てて欲しいところです。
『魅力があってこそ企画が成功する』のでしょうし、数撃てば当たる、数が多い方が偉い・・・というわけでもないでしょう^^;

デザインが間に合わないなら『お休み』だって良いし、繋ぎの作例でもストーリーだけ連載でも構わないんじゃないでしょうか?
皆が毎月ワクワクするような読みたくなるような企画が出てくるのを楽しみにしています。

AOZのリブート。
本当に良い企画になってくれる事を祈るばかりです。。。
『1』が好きだっただけに、尚更強く願います。。。


最近ず〜っと気になってたので思いきって思った事を記した次第です。。。
最近の企画モノを毎月楽しみにしている方には気分を害する内容で本当に申し訳ございません。。。

話はうって変わりますが、両誌共にビルドファイターズ枠でのテレビCM放映、おめでとうございます^^
最初見た時はビックリしましたよ〜!
『テレビCMやってるっ!!!』・・・って^^

末永くお世話になりたいので、是非これからも良い誌面作り目指して頑張って下さい。
応援しています^^


posted by シンたろー at 14:44| Comment(4) | ガンダム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもROMで作品見させて頂いておりますが、記事の内容に共感を覚えたのでコメントさせて頂きます。
公式外伝が軽く見える、と言うのは全くもって私もそう感じてました。
んー言い方悪いんですけれども、公式外伝で飯食ってる方がいると言うのが一番の温床な気がします。
AOZに関しては最初のしか見てないので分からないのですが、アストレイに関してはもうホントに・・・。おっしゃる通りに世界観ぶっ壊しすぎてて嫌になります。怪獣に変形するミラージュ・・・VSアストレイに関しては中身もさることながらアレで完全にアストレイ見限ってしまいましたし。

そういう意味では今ビルドファイターズをやってる事は本当に良い事だと思います。願わくば、ビルドファイターズ的なものとガンダム正史てきなものをごっちゃにした公式外伝は今後辞めて欲しいものです。シンたろーさんもおっしゃってる通りに「公式」の文字さえなければ寧ろバンバンやってはほしいですけれども(笑)
Posted by うに at 2013年12月15日 01:07
うにさん、こんにちは!

いつも読んで頂くださって、本当にありがとうございますm(__)m
何となく某千葉さんの事を仰っておられるのかな?とも思うのですが(苦笑)、今回の僕の話ではその方の作品に対しても厳しい意見入っているモノの、僕自身は結構好きなんですよね、話やアイデア自体は・・・。

苦手と感じるモノの共通点って何だろう?・・・と考えたのですが・・・。

○○さんの新作が読みたい・・・というよりは、本編シリーズが好きだから更にその世界観に深く浸りたい・・・と言う欲求で『外伝』に触れているワケで・・・。

だからこそ感じる話なんだと思いますが、外伝には当然まず本編ありき。

本編以上に主張が強い独創性がある話が読みたいのではなく、むしろ本編で明かされなかったり、本編で出るちょっとした疑問を解消するような話が・・・、『なるほど〜と感心させられ』、『本編の魅力や興味が更に強くなるモノ』が欲しい・・・と個人的には思うんですね。

最初のアストレイや『00』の外伝等は素晴らしい外伝だったと思います^^

ただ、例えばアストレイで言えば『カーボンヒューマン』。
『クローン』があるんだから設定としてあるのかもしれませんが、本編でも扱ってない事項を外伝で深く掘り下げちゃうと・・・ねぇ?^^;
火星の話もありましたが、本編ではそこまでやってませんからねぇ〜。。。
そこをメインに添えてまで話を作らなきゃならないのか?と言う疑問は当然だと思うのです・・・。

MSのデザインはミラージュは一応僕の中ではセーフです(笑
それも全部本編基準で、本編に関連あるデザインならオッケーだと思うからでしょうか^^;

今外伝の『怪獣』(仰られているのとは違うヤツだと思います^^;)はAGEならアリなんでしょうけど、SEEDでは行き過ぎ感が・・・^^;
アレを発注したのであれば流石にセンスを疑いますし、レプリカ設定でレッド等の本家アストレイデザインがデスティニー時代には無数に存在する・・・という設定はやりすぎだと思いました^^;

アストレイに冠しては本家が進んでいない弊害も十分にあると思うので(苦笑)、そうした生みの苦しさがあるんだろうなぁ〜という大人の都合的な部分ってのも分からなくはないですけども・・・(笑
それを感じさせない発注元とファンの両方のニーズを満たしてくれる話を作ってくれれば嬉しいです^^

ちょっとピンポイントに一人の作家さんに絞りすぎてますが、あえて突っ込んでみました^^;
作られる話自体はむしろ好きなので、これからも良い話作りを目指していっぱい楽しませてくれる事を期待しています^^

では、また!
Posted by シンたろー at 2013年12月16日 14:54
作品のアイデア練りがてら色んな所をぷらぷらしてて、たまたま見ただけなのですが 言いたいことの7割くらいぶちまけて下さってたのでついコメントを(笑)

なんというかアレですよ。
一口にこれとは言えないですけど ガンダムの魅力の一つとして、ヒーローチックな表層の奥底に見え隠れするミリタリーテイストがあり、それを引き立たせるスパイスが様々な背景設定であったりメカニックデザインであると思ってるんですが、最近その辺わかってんのかねと思うぶっ飛び具合の物が公式扱いなってたりしてマジか?ってなります(笑)

まぁ各々の好み所謂趣味、と公式設定。
この辺の線引きがなんで必要かっていうとやっぱり公式ってのはそれで収入って物が大なり小なり発生するのが現実で、、、
個人的な趣味の作品でもオークション等を利用して金銭を得ることは出来ますが、それはあくまでも個人間の取引になって性質は違うので触れるとこではないですよね。
デザイナーって職業はデザインが仕事な訳で、仕事と趣味(遊び)の線引きが曖昧になってくるとデザイナーは失業してしまうんですよね(笑)

結局何が言いたいかっていうと、金貰ってプロの作品として世に出すならチラ裏レベルじゃなくもちっと魂入れて欲しいよねって事で(苦笑)
ガンダムのメカとして出すなら、もーちっとガンダムの歴史や世界観を勉強してデザイン捻り出さんと今のようなカオス状態になってしまうのは明白なんですよね(T-T)

やっぱりコアなファンってのは突っ込んで見てくるわけで、そこに必要最低限の統合性も無しに色んなアイデアをかき混ぜてブッ込んで、ハイ公式ですじゃあ あまりにもお粗末なんですよね(笑)
Posted by A at 2014年01月24日 20:32
Aさん、こんにちは!
遅くなりましたm(__)m

コメントありがとうございますm(__)m

まったくもっておっしゃる通りだと思います。

とは言え、今月の模型誌を読んで思うのは『任された方が悪い』のではなくて、任す方、そしてその企画を通す方が悪いとしか思えないんですけどね・・・(汗
任されてる方はそりゃ一生懸命頑張っているのは十分わかっていますので・・・。

もっと根本的なところで、模型誌の公式の取り扱い自体が軽すぎな気がしますね。
すこし公認企画を乱発しすぎで、模型誌自体も大特集を組むわけでもなく、サラッと流すから心に響かないんじゃないかなぁ〜と思います。
(小説がwebってのも枚数制限がない利点がありますけど、本誌に載るページが少ない、という意味ではマイナスな様な気がします)

サンライズも公認を簡単に認め過ぎだから、一つ一つの企画を大切に育ててもらえないんじゃないかなぁ?とも思います。
一度全員で立ち止まって、ここ最近の戦略を少し見直した方が良い気がしますねぇ…。

ご意見ありがとうございましたm(__)m
では、また!


Posted by シンたろー at 2014年01月26日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]