2013年05月25日

MGのアストレイとは・・・?


ところで・・・
個人的にちょっと分かっていないのですが・・・

MGブルーフレームセカンド『リバイ』とは・・・
ブルーサードのデータをフィードバックしてセカンドを更に進化させた状態・・・
との事ですが・・・

何処までがリバイ?
背負いモノのギミックが変わったのがリバイ?
かかとにもナイフが付いたのがリバイ?

旧1/100の頃とプロポーションが変わったのがリバイ?


前々から気になっていたのですが、『リバイ』と名前は付いているモノの、それってぶっちゃけ、元々の設定画から比べると随分とスタイリッシュに描き直してしまったので、新たに区別して別の名前を付けた・・・ってのが一番の理由じゃないんですかね?(邪推しすぎ?^^;

それとも本体には一切手を加えておらず(プロポーションの違いはそれこそ単にアレンジされただけ・・・)、『新たに足したギミックのみがリバイという機体の本質』なんでしょうか?
(一応設定は『全体を見直した』と記述はあるけど・・・それが意味する物がよく分からない^^;)

例えば、そのブルーセカンドリバイを元にバリエーションで出された『レッドフレーム改』ってのは、設定でもリバイ同様本体に手が入れられて再設計されているんでしょうか?
プロポーションが(従来の画稿と)変わったのはそのせい?

でも自分で言っててだんだん『プロポーションが違う』のはそれこそ『MG版としてのただのアレンジ』な気がしてきましたね・・・(^_^;A

今月電撃ホビーで発表されたアストレイノワールのイラストは見事に『MG版』の体系&ディテールで描かれてました。
設定は○○(忘れたけどノワールとか作ってるとこw)がアストレイのデータを盗んでそれを自分ちで作らせたコピー品・・・と言う事らしいですけど。
・・・って事は、本体のアストレイは昔から変わってない・・・ってコトでしょうから・・・。

そもそも今連載中のアストレイはデスティニーの時代のモノですから、リバイが存在するより前の話・・・(ですよね?^^;VSアストレイ自体時代設定がイマイチよく分からない^^;;;)。
画稿がMG版と言うコトは・・・元々最初期からのアストレイもMG版のプロポーションだった(少なくともMGシリーズの中では)、と言う解釈でオッケーって事か・・・。

うん、決まりですね^^;

て事は、リバイがHGでキットになっても・・・、バリエーションで改変されるのは頭部とタクティカルアームズ、足首・・・くらい?(^_^;A
『あの体系』のHGキットは流石にこの先もずっと難しいのか・・・orz
欲しければ弄れ・・・と言う事でしょうか(;ω;)


以上、一人考察、一人納得でした・・・(´・ω・`)
せっかく記したし、一応そのまま残しておきます・・・orz

もし違う解釈があったら教えて下さい^^
サード後半辺りから結構チェックが甘くなってきてまして・・・^^;



(最初のアストレイが一番燃えた〜!)
だからこそ、今回HGで最初の3機が揃うのが嬉しくて^^

でもリバイもサードも好きなんですw(デザインが)
話は・・・そこはまぁ良いや^^;;(爆


posted by シンたろー at 14:29| Comment(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
設定としては「リバイ」は「サード」の運用データを汎用性の高い「セカンド」にアップデートしたとかナントカだったと思います。
なので、タクティカルアームズがタクティカルアームズUになったのが大きな変化で、後は外見をそのままにバージョンアップしたとかじゃないですかね〜
レッドフレームも見た目を変えずにパワーシリンダーを組み込んでパワーアップさせたりしてますし、ずっと同じまま使い続けるのではなくアップデートを繰り返しているんでしょうね(’’
詳細の説明をしないのは・・後付設定で話を作りやすくするためカモ(ぉ
Posted by とあるタヌキ at 2013年05月28日 02:50
とあるタヌキさん、こんにちは。
遅くなり申し訳ございませんm(__)m

なるほどなるほど、やはり本体は未改修って考えて良いんですね^^;
全身のプロポーションを大幅に変えるほどのアップデート・・・とばかり思っていたもので・・・^^;
やっぱりMG版のプロポーションが気に入ってたら・・・、それに合わせて改修するしかないんでしょうねぇ〜(^_^;A

将来SEED系の続編が作られたらまたその時代背景のアストレイもやるでしょうからねぇ〜^^

話的にはやはり一番最初が良かったなぁ〜。
VSアストレイは物語もMSもやりすぎ(笑←ファンサービスの一環だったんでしょうけど・・・)な感じがして、僕の中では黒歴史になっております(苦笑←リバイは認めるw

情報ありがとうございました!

では、また!

Posted by シンたろー at 2013年06月07日 18:11
難しいとこですよね。
全体を見直したってことは機体そのもののデザインがMGのようになったってとらえられますけど、
それだとフォースのプロポーションがオリジナルのアストレイと一緒なのに説明がつきませんし、
あくまでもMG用のプロポーションってことにしておいたほうが(レッドフレーム改も同様)納得がいく気がします。公式スタッフがどう考えているのかは別として。

そもそもブルーフレームセカンドLをMGで出そうとしたときに、新たに書き起こした設定画+ギミックを公式のほうに持ってきてしまったがためにこういうことになってしまったんだと思います。
故に設定画もMGブルーフレームセカンドL用に書き起こされたものを使用し、新しい機体にしちゃえというノリで「セカンドリバイ」になったと。
Posted by shin at 2013年08月26日 22:49
正直プラモデル主導でストーリーに介入してくるのには抵抗あるんですよね。
ホビージャパンで付録になっていたソードカラミティー改造キットは整形色がオリジナルと違うがために改造パーツ部分だけ色が違うものを「ソードカラミティー初号機」と設定を作ってみたり、
VS ASTRAYの機体なんて金型を流用して別機体にするために無理やりな付け替えを行ったものを本編に登場する機体にしてみたり
「肩パーツを膝にくっつけたゲイルストライク」
「腰アーマーを肩につけたヘイルバスター」
「マガノイクタチのランナーを入れただけのネブラブリッツ」
「とても(効率のよいドラグーン・システムの運用)をできるようにしたとは思えないバランスのニクスプロヴィデンス」
「整形色を変えただけのヴァンセイバー」
「サーベルをなぜか使いづらそうな膝につけたレーゲンデュエル」etc

金型を流用して新機体とすれば開発費を抑えて新キットを出せるわけで、
商業的には仕方ないのはわかるんですけど、やっぱりそれで不格好な(かつ整合性の取れているとは思えない)機体になっていると「これ本編に出すのどうなんだろう?」って思っちゃいます。

そう考えるとライブラリアンの機体と同じコンデプトで
オリジナルの機体を基に再設計(改修)した設定のスターゲイザーに登場する3機は、デザイン的にも設定的にも整合性が取れていて非常にかっこいいです(個人的に)。
同じ金型流用機体でもやるならああいう風にしてほしいものです。
Posted by shin at 2013年08月26日 23:22
すいません。
長文になってしまいました。
Posted by shin at 2013年08月26日 23:23
shinさん、こんにちは!
ゴメンナサイ、見落としてました(^_^;A
遅くなりまして、また、レスも前後してしまい、本当に申し訳ございませんm(__)m

仰るとおり、『全身にわたり見直した』と言う一文が要らない気がしますね^^;
もしくは『駆動系を』と入れて置いてくれれば分かりやすいのになぁ〜と。
四肢のバランスや形状は他のSEEDMGと同様のアレンジ・・・ととらえるのが一番腑に落ちるんでしょうね。
アレンジしているのも阿久津さんですし。

あまりにも元と変わっているところにあの機体解説で話がややこしく感じられるんでしょうねぇ〜。(僕みたいのは少数派かもしれませんが^^;

僕もshinさん同様、プラモ先行企画は(特に流用前提のモノ)はあまり好きじゃないですね^^;
そして、仰るように付録先行の設定のでっち上げ。(デスティニーインパルスのHJ作例の公式化とかもか。

『大人の事情』は分からなくはないですが、世界観を壊してまでガンダムの世界でやる必要があるのか?と言うのは疑問ですねぇ〜。
サンライズさんとバンダイさんがせっかく長年掛けて築き上げたブランドなんですから、そのブランドは大事にしていただきたいモノです。

まぁあの企画は企画している側もかなり苦労した企画だった気もしますけど(苦笑
どうしてもやらなきゃならない事情があったんでしょうねぇ〜(笑←確か劇場版への繋ぎの時間稼ぎだった気が・・・(違いましたっけ?)

スターゲイザーの方はちゃんとした映像作品での企画ですからね(笑
アストレイと比べちゃうのはちょっと可哀想かもしれませんね^^;

にしても、GATシリーズもアストレイも、ちょっと量産されすぎですよねぇ〜。
そこまでするなら後半3機のバリエーションやデスティニー敵方の3機のバリエーションも出して欲しいもんです。。。

では、また!







Posted by シンたろー at 2013年09月05日 12:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。